ニューヨークタイムズがAVI Avitalを絶賛。

 アブナー・ドーマン作曲の「マンドリン協奏曲」で2010年グラミー賞”ベストインストゥルメンタルパフォーマンス”部門にノミネートされたアヴィ・アヴィタルAVI Avitalが、改めてニューヨークタイムズ紙で紹介され、「世界で初めてグラミー賞にノミネートされたマンドリン演奏家」であることと、彼の演奏は、”絶妙に感性豊かな演奏”、”素晴らしい敏捷性”と評価している。6月2日付けKIRSHBAUM DEMLER & ASSOCIATESが伝えた。
 以下同記事。”深いヴィルトゥオーソのパフォーマンスとエキサイティングな新しいレパートリーを介してマンドリンの歴史に新鮮な遺産を構築することを約束、彼は世界で最もエキサイティングな起業家若手音楽家である”。
 同時期、イスラエルの新聞HAARETZDAILYも、アヴィの演奏を評して”彼の演奏は、卓越した技術と演奏力でマンドリン演奏の限界を超える”と評している。
※KIRSHBAUM DEMLER & ASSOCIATES:ニューヨークのアート/ミュージックマネジメント会社が運営するサイト。同記事ではあわせてジェニファー・ジョンソン・カーノも評価されていることを紹介している。

【関連記事さらに・・・】

Tags: 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)