List/Grid

ギター演奏会報告 Subscribe to ギター演奏会報告

岩永善信2017レポートと2018公演への期待

岩永善信2017レポートと2018公演への期待

岩永善信というギタリストは、クラシック音楽の、とくにロマン派を愛する音楽家である。演奏会では、ギターのために書かれたオリジナル作品ももちろん演奏するが、主要なプログラムは自身で編曲する。たとえばJ.S.バッハのチェロ組曲作品などが典型的な例だが、自身の手により無伴奏チェロ作品から10弦ギター作品に変容させる。ときにギター編曲例がひとつもなさそうで、ギター演奏としては初めて、つまり初演となる作品もプログラムにさりげなく登場する。昨年の岩永プログラム例で言えば「アルルの女・第2組曲」(ビゼー)など。以前には「展覧会の絵」(ムソルグスキー)がプログラムに登場し、驚かされた。そしてその迫真の演奏、音響世界に感動した。