山梨県マンドリンフェスティバル 4/28/「富士の国やまなし国文祭」メインイベントのひとつとして開催

chirashiIMG1 富士の国やまなし国文祭/山梨県マンドリンフェスティバルが、4月28日、行われる。会場は、南アルプスを臨む桃源文化会館・桃源ホール(山梨県・南アルプス市)。
 このフェスは、平成10年6月に発足した山梨県マンドリン音楽連盟が、3年に1回開催してきたものだが、今回は、「富士の国やまなし国文祭」の提案事業として開催される。

 山梨県マンドリン音楽連盟は、山梨県内で活動するマンドリン・サークルが、相互の交流と技術の研鑚を目的に平成10年6月に発足。現在は9団体が参加している。平成11年2月14日に、設立記念事業として、県マンドリンフェスティバルを開催。参加団体は、加入8団体(当時)のほか、甲府市の高校生サークルの「山梨英和高校マンドリン部」が出演。会場の山梨県立文化ホールには820人が来場し、成功裏にスタート。平成15年4月に第2回フェスティバルを開催、以降3年に1回のペースで実施している。既にマンドリンファンにはおなじみのイベントだが第5回にあたる今回は、その活動の内容、実績をより高く評価され大きな後押しを得た。
 特に今回はポルトガル・ギター(湯浅隆)とマンドリン(吉田剛士)のユニットとして国内外で人気の高い「マリオネット」を特別ゲストに迎え、マリオネットステージのほか、フィナーレは70人編成による共演ステージで盛り上げる。

 「富士の国やまなし国文祭」(正式名称:第28回国民文化祭・やまなし2013)は、国民文化祭の山梨県による参加イベント。国民文化祭(略称:国文祭、主催:文化庁ほか)は全国各地で国民一般の行っている各種の文化活動を全国的規模で発表し、競演し、交流する場を提供することにより、国民の文化活動への参加の機運を高め、新しい芸術文化の創造を促すことを狙いとした国内最大級の文化イベント。今年はほかに秋田県、鹿児島県での開催が発表されている。
 山梨県では、県内外からの参加者・観覧者に、山梨の文化資源や豊かな自然環境に直接触れ、体験してもらうことにより、四季折々の山梨の魅力を満喫してもらうことを目的に、初の通年開催として、平成25年1月12日(土曜日)から11月10日(日曜日)までの303日間で開催する。
 国文祭は前例を見ると国体のような持ち回りで回を重ねてきており毎年1県。過去の開催資料によれば、すべて10月か11月の秋の事業で10日間前後にわたって開催されてきた。今回の山梨県のイベントは過去に例のない大事業となっている。

 この大きな事業に山梨県マンドリン音楽連盟が協賛するかたちとなったのは、大きな快挙といえる。

開催期間・日時:2013年04月28日〜2013年04月28日
開催地:山梨県南アルプス市飯野2971
会場桃源文化会館 桃源ホール
主催:山梨県マンドリン音楽連盟、第28回国民文化祭山梨県実行委員会 ほか
問合せ:055-228-0382 090-5554-2672(山梨県マンドリン音楽連盟事務局 遠山)

【関連サイト】

山梨県マンドリン音楽連盟
富士の国やまなし国文祭
国民文化祭

【関連記事さらに・・・】

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)