ARTE国際マンドリンフェスティバル&コンクール、1日目をレポート

15_artefes-212x300 第10回ARTE国際マンドリンコンクールが白寿ホール(東京・渋谷)で2日間の日程で開幕し、第1日目が昨日(2015年10月10日開催)行われた。
 待望の東京開催。さらに作曲家クラウディオ・マンドニコ氏の作品を課題曲とし、同氏を審査員に迎えてのコンクールはA部門(マンドリン・ソロ)セミファイナルとB部門(マンドリン四重奏)ファイナルが行われ、結果は以下のとおり。

A部門セミファイナル合格者は以下の5名
第1位 Takumi Mamiya (Japan)
第2位 Veronika Schlereth (Germany)
第3位 Miriam Münzner (Germany)
第4位 Yukinori Hirano (Japan)
第5位 Haruka Yamamoto (Japan)

 昨日はもうひとつスーパーイベントが行われた。マンドニコ氏自身の指揮により氏の作品をプログラムしたコンサート「クラウディオ・マンドニコの世界」だ。演奏メンバーはこの日だけのスペシャル構成。日本を代表するプロ奏者を中心に結成されたフェスティバルオーケストラによる演奏は、音色、音量、音質、音楽すべてが極上の時間となった。

 第2日目は今日10月11日(日)同じく東京・渋谷の白寿ホール。12:40 開場。マンドリン独奏部門ファイナルは13:00にスタートする。白熱の演奏を、ぜひ!

 なお、今日は「望月豪マンドリンリサイタル」(16:15スタート・ギター:山田 岳との共演)、盛りだくさんのプログラムからなる「世界のプレクトラムアート」が17:30から行われる。
詳細はARTE国際マンドリンマンドリンフェスティバルのサイトをどうぞ。

入場料:
一般: 4,000円
学生: 2,000円
※二日間有効、全席自由

【関連記事さらに・・・】

Tags: 

Comments are closed.