e田橋crazys | e-DABASHI CRAZYS Rehearsal for 1st Live 11 / 8 and 9

01_omote 【e田橋crazys】(イーダバシクレイジーズ)のファーストライブが11月8日、9日に行われる。東京・飯田橋の嶋田ミュージックを拠点のひとつとして活動してきた主メンバーによる”バンド”が【e田橋crazys】。中心にいるのは嶋田ミュージックを運営するエンジェル嶋田氏。嶋田さんはマンドリンの制作家であり同時に演奏家、ときに音楽パフォーマーでもある。マンドリン主体の音楽プロジェクト“エレクトリックチェア”での活動でも知られる。
 エレクトリックチェアは、常に10人内外の編成で、大小様々なマンドリン(マンドリン・マンドラ・マンドセロ・マンドローネ)とギターからなる楽団として活動した。作曲家・内藤正彦氏のオリジナル曲オリジナル作品によるステージは、楽器演奏にとどまらず、ときにダンス、パフォーマンスを交え、身体表現、音響空間表現など、既成のマンドリン音楽のイメージを大きく塗り替えて、現代音楽シーンでも大きな評価を得ていた。

 【e田橋crazys】は、エレクトリックチェアとは異なるものの、既成音楽、既成マンドリン音楽のイメージをさらに拡張しながら、新しい音楽表現の創出を目指そうとしているようだ。その姿勢はエレクトリックチェア以上に強力かもしれない。志はエレクトリックチェアと重なるが、新たに結成された嶋田ミュージックゆかりの演奏家たち、作曲家たちの創意が加わり、新たな世界を創り出そうとリハーサルを重ねている。

『新たな世界が見たい! 決めた。これでいく。』

メンバーの決意がこのコピーだ!そしてマンドリンバンド、【e田橋crazys】のファーストライブ PVがこれ。トラックは三宅洋の”SとTのあいだに”。予定されているプログラムは、じつに様々。編成も刻々変化し、ビジュアルや演出にも注目したい。このリハーサル・シーンから、その熱気、感じてもらえるのではないだろうか!?

メンバー:桝川千明、児嶋絢子、葛城梢、吉永純子、宮武省吾、佐古季暢子、槐 智明、妻木克憲、清水 彰、嶋田エンジェル
[作曲]好島王紫、アンドウマユコ、葛城梢、三宅 洋
[演出]花房尚作
[撮影監督]池田泰典
[映像]南 夏世
[アドバイザー]井口祐一
[スーパーバイザー]石川泰成
[マネージャー]吉永潤子、児嶋絢子

2014年
11月8日(土)18:00開演(1回公演)
11月9日(日)13:00開演/17:00開演(2回公演)
※開場は開演30分前

労音大久保会館R’sアートコート
(新宿区大久保1-9-10)

前売3000円 当日3500円 学生1500円

—演奏曲目—
Entrata al “Mesozoico”/Waltz for “3” /Bossa on the lake/
SとTのあいだ/Intermezzo bellicosoⅠ/Reminiscences of Angel “S” 他

—チケット取り扱い—
嶋田ミュージック 03-3264-0259
弦楽器のイグチ 03-3378-5357
イケガク 03-5952-1391
児嶋 絢子 mail: ayako.mandoline@gmail.com
槐 智明 mail: tomoaki@saikachi.co.jp
eプラスはコチラ

【関連記事さらに・・・】

Comments are closed.