柴田高明マンドリンリサイタル~マンドリンの為の室内楽作品・点と線の芸術~2/24京都、3/3東京で

 マンドリニスト柴田高明氏の1〜3月公演情報。

2013年1月14日(月)
京都・呉竹文化センター
(近鉄京都線、京阪本線「丹波橋駅」西口すぐ)
柴田高明マンドリン教室発表会~マンドリン室内楽の楽しみ~を行う。約40名の生徒が出演し、マンドリン独奏のエチュード、18世紀と現代のマンドリン二重奏、生誕150年を迎えるカラーチェの作品、それに小アンサンブルの伴奏によるマンドリン協奏曲を演奏する。

2013年2月24日(日)
京都・青山音楽記念館バロックザール
(阪急嵐山線「上桂駅」徒歩5分)
柴田高明マンドリンリサイタル~マンドリンの為の室内楽作品・点と線の芸術~。
共演は、三戸素子(ヴァイオリン)、河野理恵子(ヴィオラ)、小澤洋介(ヴィオロンチェロ)で、作曲家の西澤健一による「マンドリンと弦楽三重奏の為のコンチェルティーノ」の初演はじめ、マンドリンと弦楽器の組み合わせによる、貴重なオリジナル作品を紹介する。
「点と線の音が織りなす芸術、是非お楽しみください。」

2013年3月3日(日)
東京・ルーテル市ヶ谷センター

柴田高明マンドリンリサイタル~マンドリンの為の室内楽作品・点と線の芸術~。
内容:同上

【柴田高明公式サイト】
http://www.shibataka.com/

【関連記事さらに・・・】

Tags: 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)