高柳未来×鈴木大介!萩原朔太郎展関連マンドリン&ギターのコンサート

マンドリンと音楽を愛した萩原朔太郎の生誕125年を記念した展覧会が世田谷文学館で開催中だ。このメインイベントのひとつとして11月26日マンドリンの高柳未来さんとギターの鈴木大介さんによるコンサートが行われた。
前半はキングインターナショナルの宮山幸久氏(高柳さんのアルバム「マンドリンレボリューション」のプロデューサー)による解説付き。朔太郎が音楽にどのように関わってきたのかを、高柳さんの演奏とともに親しみを持って知ることができた。

第2部は大介さんによるギターソロ。世田谷区ゆかりの作品をあつめたプログラムだが、西村朗、武満徹、池辺晋一郎、、、とまあ豪華な現代曲の数々。

 第3部ではマンドリンとギターで古賀政男メロディー。最後に演奏されたトセリのセレナードも雰囲気があって叙情あふれる音楽。マンドリンとギターの音はなにかこころにまっすぐに入ってきて癒されます。満席のお客様のも大満足な充実した午後のひとときでした。

萩原朔太郎展は世田谷文学館で12月4日まで開催中。詩人としてだけではなく、多彩な才能を発揮した朔太郎の世界を堪能してみては?
(©kaerucamera)

【関連記事さらに・・・】

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)