第2回 思慮深いマンドリンラバーズ

久保田さんは静かな雰囲気を持つ紳士です。CDジャケットで見かけるように
その指揮ぶりもじつに颯爽としながら落ち着いています。
しかしマンドリン、音楽に対する姿勢はいつも熱く、
今日も、マンドリン界の明日を考え疾走し続けているようです。
自ら主宰するフィロマンドリーネンオルケスターのこと、
自身の指揮者人生、マンドリンに懸ける夢を聞きました。



○●○ 日本にはマンドリン愛好家は多いようですが
どうも一般の人たちに活動の情報が
流れてこない傾向があるように思います。
久保田先生はどういうふうに見ていますか?


久保田 自分で弾いて楽しむ、それ以上のことは
望まないという風潮はあります。
その延長でしょうが、自分の仲間同士で演奏し、
聴いて楽しむ。外の人に聴いてもらいたい
という志向はあまり強くない傾向はありますね。
よく学生にも話すんですが、
いろんなオーケストラ、よその学生オーケストラを
聴きにいこうよ、と言うんです。
それでアンケートも書いてもらい、お互い聴き合う。
演奏会も満席になるじゃないですか。
1000人の会場に300人くらいで
満足しているんじゃなくてね。
もっともっと交流も生まれて、いいものを目指して
って言う風潮ができてくると言いなって思うんです。

○●○   なぜ、でしょうね? 
ある程度演奏がまとまり、
演奏者自身も楽しんでいるというステージは、
一般の人に対しても共感を得やすい音楽会だと思うんです。
高校生オケの技術の演奏でも
そう思わせる演奏ができる。
キャリアが増える大学生ならなおそうだし、
社会人オケなら、さらに上が目指せると思いますが。

久保田 じつは今まで音楽大学には
マンドリン科がなかったんですよ。
マンドリンを教えるアカデミックなシステムですね。
しかし少しずつできてきたようですね。
そこの教授たちがいちばん期待されるところ
ではないでしょうか。
○●○   そうですか。
久保田 なぜそれが意義あることかと言えば、
たとえばオーケストラを作るときに
人数を集めようとしたとき
音楽大学があれば、たとえばバイオリンなら、
求める演奏技術であるとか
音楽知識を持っている人が集めやすいですよね。
マンドリンではそれができなかった。
だから僕は自分で教えて育て、
自分の生徒を集めてやっているんです。
○●○   募集人員は多くはないですよね?
希望者も少ないのかな?

久保田 そうですね。
それに正科で入っているというよりは
ギター科の副科という位置づけのことが多い
ってききましたけどね。
○●○   東京音大もギター科志望の生徒さんは
けっして多くはないと聞いたことがあります。
今後の大きな課題のひとつですね。
ところでマンドリン、そして
マンドリンオーケストラの魅力というのは
久保田先生にとってどのへんですか?

久保田 マンドリンは弦をはじいて音を出す、
いわゆる有棹撥弦楽器です。
ドイツでは今もその「ハジく」スタイルを
基本にした演奏をしています。
「ツプフ」といいます。
で、イタリアではミラノ型のマンドリンから
ナポリ型のマンドリンへ
19世紀半ばにパスクワーレ・ヴィナッチャ
Pasquale Vinacciaが改良した。
それまでの4度調弦だったものを
5度調弦にしました。

○●○   ヴァイオリンと同じ低い方から
G(ソ),D(レ),A(ラ),E(ミ)ですね。
久保田 それからガット弦だったものを鋼鉄線にして、
複弦の4コースにした。
それによってトレモロ演奏が
自然に聴こえるようにしたんです。
これで音を減衰させずに演奏できる、
クレッシェンドが表現しやすい。
こういう改良ですね。

○●○   なるほど。
久保田 それで当時ロマンティックな音楽が
盛んになったんじゃないかと思うんです。
「音を保つこと」が、必要なことだったんですね。
○●○   その部分では19世紀〜20世紀の変わり目から
もうひとつの流れができたということでしょうか?
久保田 そうですね、一方でドイツでは
ツプフが脈々とありますから。
まあトレモロ主体のナポリ派と
ツプフ主体のドイツでは、音楽の種類も違います。
○●○   そんなに違うんですか?
久保田 ツプフはバロックとか室内楽的なものですね。
僕自身は両方やります。
また、オーケストラ演奏でも、
1曲の中で必要に応じて
両方を使い分ける場合がありますけどね。
○●○   ああ、なるほど。
久保田 マンドリンオーケストラは同族楽器主体のオーケストラで
楽器の種類も少ないですし、
コントラストをつけにくいので、
「ここはツプフにしよう
というふうに使うこともあるんですよ。

(続きます。)

 
久保田さんの近況
2009年2月22日の定期演奏会は16回目を数える。
今回のテーマは「フランス音楽」。

予定しているのは
組曲「カルメン」より(ビゼー)
「女学生」(ワルトトイフェル)
「なき王女のためのパヴァーヌ」(ラヴェル)
「タイスの瞑想曲」(マスネ)など作品としても人気のあるものを予定している。

チケットは全席指定で以下の通り。
マンドリンオーケストラの、面白さ、
実力を堪能できるコンサートになるに違いない。

■東京 四谷 紀尾井ホール 

2009年 2月22日 14時開演

SS席5,000円 S席3,500円
A席3,000円
B席2,500円
で絶賛発売中です。
チケット取り扱いは
クボタ フィロマンドリーネン オルケスター事務局Tel.042-422-6368
主催、問い合わせはクボタ フィロマンドリーネン オルケスター
Tel.042-422-6368 Fax.042-422-7772
をご覧ください。

 

前へ 最新のページへ 最新のページへ
感想を送る GJホームへ 友達に知らせる

2009-02-09-Mon

ギターの時間