気になる音楽映画たち

無題 最近音楽が背景となった映画が多く目につく。
しかも主人公は年配の方。これまでいろいろ人生経験を重ね、酸いも甘いも、楽ありゃ苦もあるさ、と年を重ねてきた方々。
引退した音楽家、華々しく演奏活動を続けてきたアーティストが老いたとき、または、妻のためにうたう頑固爺さん。。

 
 どれも予告編を見ただけでウルッとくるのは、自分の人生のなかに、いや人間が生きる上で、音楽はいつも身近な存在であるということか。
 音楽との距離は人それぞれでも、きっとこころに迫る音は誰もが持っている。重ねた年月に比例して大事な思い出や感情、音楽への思い入れは増えていく。まったく同じ状況ではなくとも、映像の中になにか心に触れてくるものを感じてしまうのだろう。
 

 特に気になるのは25年目の弦楽四重奏かな。結成25周年目の人生の不協和音。最後にはどんな演奏が! アンコールの頑固じいちゃんも気になる! 
 うん、きっと、どれも泣いちゃうな!

『カルテット!人生のオペラハウス』2013年4月19日 TOHO シネマズ シャンテ、 Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー
『25年目の弦楽四重奏』 7月6日(土) 角川シネマ有楽町他 全国ロードショー
『アンコール!!』 6月28日(金)TOHOシネマズシャンテ、7月5日(Fri) 全国ロードショー