アンサンブル テスタ カルド第13回演奏会は2/23ルーテル市ヶ谷センターで

片岡マンドリン研究所: アンサンブル テスタ カルド.

 毎回意欲的な委嘱作品を並べ、マンドリンアンサンブルの可能性を追求し続けるアンサンブル テスタ カルド、今回の公演の目玉は鷹羽弘晃に委嘱したギター協奏曲。ギターに藤元高輝を迎える。藤元は、2011年東京国際ギターコンクール1位の実力を持つ20歳のホープ。
 プログラムは、ほかに、同じく鷹羽弘晃の「響めきの研究」、ダニエル・ハシェット「Cantō」など、興味深い作品が並ぶ。

■第13回演奏会
2013年2月23日(土)午後6時開演
ルーテル市ヶ谷センター
チケット: 全席自由
       前売  一般 ¥2,000  学生 ¥1,000
       当日  一般 ¥2,500  学生 ¥1,500

◆出演
客演指揮:鷹羽弘晃
ギター独奏:藤元高輝
ソプラノ:木村賀洋子
演奏:アンサンブル テスタ カルド

【プログラム】
★委嘱新曲  ・・・鷹羽弘晃  / ギター独奏:藤元高輝
★委嘱新曲 Cantō(カントー)  ・・・Daniel Huschert 
★委嘱新曲  ・・・Silvan Wagner

・Acerca de la Felicidad   ・・・Javier Riba  /ギター独奏:藤元高輝
・Airs de rien  ・・・Sébastien Paci  / ソプラノ:木村賀洋子
・Sadoc  ・・・Juan Carlos Muñoz
・Rapsodia “Vissani”  ・・・Rossen Balkanski
・響めきの研究  ・・・鷹羽弘晃

【関連記事さらに・・・】

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)