必聴必見! 第7回大阪国際マンドリンフェスの注目コンサート!

 直前の記事で紹介した「第7回大阪国際マンドリンフェスティバル&コンクール」。両日のそれぞれ夜行われるフェスティバル・コンサート1「ARSNOVA Mnadolin Quartet」(10月8日)、2「世界の協奏曲」(同9日)の詳細が明らかになった。ARSNOVA Mnadolin Quartetのメンバーは、井上泰信(Mn1)、和泉亨(Mn2)、斎藤千恵(Md)、末廣健児(Mc)。ARTEのボスと精鋭たちだ。曲目のバリエーションに、おおげさではなく目がくらむ。それは9日に夜の内容にも言える。これだけの作品を、世界第一級のソリストを揃えて行われるのは、このフェスティバルだけだ。世界でも一級のフェスティバルにふさわしい内容だ。どう楽しむかはあなた次第。関西在住者以外の人は新幹線手配もいますぐ!
 
コンサート1「ARS NOVA Mandolin Quartet」
開演18:00
ベートーヴェン:バレエ音楽「プロメテウスの創造物」より序曲
ムニエル:マンドリン四重奏曲二長調(全曲)
 I.Allegro
 II.Canzonetta
 III.Andante espressivo
 IV.Rondo
ロッシーニ:歌劇「ウィリアムテル」序曲
吉松 隆:アトムハーツクラブカルテット(全曲)
 I.Allegro(Progressivel)
 II.Andante(a cheap love scene)
 III.Scherzo(philanderer’s steps)
 IV.Finale(Rock’n Roll)
リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲(全曲)
 I.Alborada
 II.Variazioni
 III.Alborada
 IV.Scena e canto gitano
 V.Fandango asturiano

コンサート2「世界の協奏曲」

井上泰信 指揮/ARTE MANDOLINISTICA
開演19:30

ベルゴレージ:協奏曲変ロ長調
 マンドリン:ウーゴ・オルランディ

アオンツォ:All per Volare(Wings for flying)
 マンドリン:カルロ・アオンツォ

カラーチェ:マンドリン協奏曲第2番より 第3楽章
 マンドリン:カルロ・アオンツォ

ムニエル:協奏的二重奏曲第3番
 マンドリン:ウーゴ・オルランディ、カルロ・アオンツォ

ヴィヴァルディ:2つのマンドリンと弦楽の為の協奏曲ト長調
 マンドリン:粂井謙三、吉田剛士

ニャタリ:組曲「肖像」より
II.Ernesto Nazareth
IV.Chiquinha Gonzaga
 マンドリン:リカルド・サンドバル

サンドバル:マドリッド
 バンドーラ:リカルド・サンドバル

【チケット】
このコンクール、公演のチケットは各単独発売。以下の4種類。申し込みはARTE MANDOLINISTICAホームページの申し込みフォームから。http://www.arte-mandolin.com/forms/ticket_form.html

A.コンクール券(8日、9日両日のコンクールを観覧可能。一般:1,000円、学生:500円)
B.10月8日コンサート1「ARS NOVA Mandolin Quartet」(一般:3,000円、学生:1,500円)
C.10月9日コンサート2「世界の協奏曲」(一般:3,000円、学生:1,500円)
D.フリーパス(全てのコンクール、コンサートを観覧可能):一般:6,000円、学生:3,000円

【関連記事さらに・・・】

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)