柴田高明に聞く:マンドリン史になにが起きていたのか?(本編付き)



(photo:ebekaz)
柴田高明ステージレポートに続き、インタビューを紹介しよう。
柴田さんは2001年に渡独、同年ドイツのザールランド州で行われた第2回ヨーロッパ国際マンドリン独奏コンクールで第1位を獲得。ザールランド州弦楽オーケストラと協奏曲を共演する他、カッセル、マンハイムの各国立歌劇場管弦楽団と共演。これまでにフリードリッヒスハーフェン、バンベルク(ドイツ)、リオハ(スペイン)、神戸の各国際音楽祭にソリストとして参加。ドイツのカッセル音楽院に学び、器楽教育課程マンドリン専攻を修了。
これまでに木下正紀、G.ワイホーフェン、S.トレッケルの各氏に師事。現在は演奏活動を中心に行っている。

>TO INTERVIEW
>TO STAGE REPORT

【関連記事さらに・・・】

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)