7月4日キドキラ・コンサート、プログラムはこれ!

スクリーンショット 2015-05-23 17.59.28 7月4日新宿文化センター・小ホールで行われる「キドキラコンサート“テネシーワルツを新宿で”」の公演プログラムが発表されている。鬼怒無月の最新ソロ・アルバム『マイ・バック・ページズ』(スペースシャワーミュージックDDCB-13028)でも好評なスタンダード・ナンバーをベースに組まれているが、ザバダック・吉良知彦のギター・サウンドでさらに輝きを増すこと間違いなし! ふたりの美しいアンサンブルが楽しみだ。
 ちなみにザバダックとは吉良知彦と小峰公子を核とするロック・ユニットで、アルバム制作やライブに応じてアディショナル・メンバーが加わりハイテンションかつ先鋭的な活動を続けている。
 その歌姫・小峰公子の魅力的な歌声をスタンダード・ナンバーで楽しめるのも、今回の企画“テネシーワルツを新宿で”ならではの魅力だ。コンサート・タイトルになっている「テネシー・ワルツ」はもちろん、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」のなかエリーの歌で日本でもすっかりおなじみとなった「Water is wide」を覚えているだろうか。同じく「アンと花子」では花子の少女時代の、というより花子の人生を決定付けた重要な歌、スコット先生が歌ったことで記憶している人も多いはず。小峰は自分が納得する邦訳を書き下ろして歌う。しみじみといい歌だ。
 スコットランド発のトラディショナルの曲があれば、日本のトラディショナル民謡からも「相馬二遍返し」がフィーチャーされる。
 この曲は、宮城と福島の県境・羽黒神社で祭礼の際に歌われていた唄が、山から下り、相馬郡下の農村の酒盛唄になったというもの。力強くも抒情的な音楽で、初めて聴く人の心も揺さぶるソウルフルな唄だ。近く発売予定のザバダックのニュー・アルバムにも収録されている。
 ロック育ちの歌心あふれる、「いい音楽」をぜひ、体感してほしい!
※動画は「テネシーワルツを新宿で」のプログラム的なセットリストで行われた荻窪のライブハウス《ルースター》でのワンシーン。

【演奏予定プログラム】
アメイジンググレイス
さらばジャマイカ
緑の丘
スリービューズ・オブ・ア・シークレット
マイ・バック・ページズ
黒いオルフェ
ダニーボーイ (鬼怒 solo)
サリーガーデン
Water is wide(w/小峰公子)
テネシー・ワルツ(w/小峰公子)
相馬二遍返し(w/小峰公子)
ムーンリバー(w/小峰公子)
スターダスト(w/小峰公子) 他

▪️キドキラ(鬼怒無月+吉良知彦)コンサート「テネシーワルツを新宿で」
日時:2015年7月4日(土)18:30開演(18:00開場)
会場:新宿文化センター小ホール
料金:全席指定 3,500円〔Web友&新宿区民割3,000円〕
問合せ:新宿文化センター http://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/
※前売りチケットはネット購入可能!500円おとく! 電話予約もOK!とのこと。

【関連記事さらに・・・】

Comments are closed.