List/Grid

ギター演奏会報告 Subscribe to ギター演奏会報告

私たちはギター音楽開拓史の現場にいる。岩永善信東京公演から

私たちはギター音楽開拓史の現場にいる。岩永善信東京公演から

(2012年11月25日東京・ハクジュホール 撮影:かえるカメラ/文:江部一孝)
 クラシック・ギタリスト、岩永善信2012年の活動が、11月25日の東京渋谷・ハクジュホール公演で区切りをつけた。恒例となった少し早めの年末公演に大勢のファンが集った。

 岩永ファンは全国に幅広い。各地からの要望にほぼ全て応える形で年間スケジュールが組まれる。けっしてアルバムを発表せず、「その場の同じ空間」の中で、聴き手とともに音楽を共有することこそ「音楽」であるとする信念は、今も変わらない。したがって、彼の音楽的な眼差しが、“今、どこを向いているのか?”は、コンサート会場に足を運ばない限りなかなかわからない。
 基本としているのはバロックと近世のロマン派。現代作曲家の作品が加わることもある。言ってみれば「ギターっぽくない志向」だ。そんな、一見つかみ所がなさそうな、年々刻々変わるプログラムにあって、しかし、その時そのとき、彼のギターから溢れ出る色彩は、万華鏡のような彩りであったり、いぶし銀の光沢であったり。そしてときに光速を思わせるスピード感を伴うきらめきであったり・・・。すべては、一瞬の輝きの中に余韻を残して奏でられる音楽。記憶の中にだけ、鮮やかに残る。岩永音楽の醍醐味が、そこにある。

 今回はダウランド、バッハ、そしてロマン派からパガニーニ、シューベルトが選ばれ、ハイライトにファリャをラインナップした。

 氏のプログラムは、常に自身の手による編曲作品で構成される。前半がダウランドからパガニーニまで。後半がシューベルトとファリャ。前半はギターという楽器にとっては馴染みのある作曲家、作品群なのだが、ふだん耳にするダウランドやバッハではない。10弦ギターだから? このことも大きい要因だ。しっかりとした基音を感じさせる低音の響きは、音楽の印象を大きく変える。冒頭のダウランドで、一気に会場は中世へ。

 バッハは、私自身は兼ねてから10弦ギターでなければバッハにならない、と思っている。6弦ギターの軽いサウンドで、バッハを感じろというのは無理がある。そういう演奏にしか出逢えなかった不運もあるかもしれないが。ともかく岩永さんのバッハを聴くと安心する。管弦楽曲を書き、受難曲を書いたバッハの魂は、パルティータにあっては、こういう音楽であることを教えてくれる演奏であったと思う。

#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_ThumbContainer {width:200px; height:180px;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_MobileView .flagPhantom_ThumbContainer {width:150px; height:135px;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_Container {margin-left:auto;margin-right:auto;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_ThumbContainer {margin:8px 0 0 8px;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_ThumbContainer {padding:2px;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_LabelBottom .flagPhantom_ThumbContainer {padding-bottom:36px;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_ThumbContainer,#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_LabelBottom .flagPhantom_ThumbLabel {background-color:#ffffff;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_ThumbContainer .flagPhantom_Thumb {opacity:0.9;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_ThumbContainer:hover .flagPhantom_Thumb {opacity:1;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_ThumbContainer {border:1px solid #cccccc;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_ThumbContainer {box-shadow:0 0 5px -2px #cccccc;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_ThumbLabel {color:#0b0b0b;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_ThumbLabel a {color:#3695E7;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_LabelInside .flagPhantom_ThumbLabel,#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_LabelHover .flagPhantom_ThumbLabel {color:#ffffff;}#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_LabelInside .flagPhantom_ThumbLabel a,#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_LabelHover .flagPhantom_ThumbLabel a,#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_LabelInside .flagPhantom_ThumbLabel a:hover,#FlaGallery_sc1_29 .flagPhantom_LabelHover .flagPhantom_ThumbLabel a:hover {color:#e7e179;} iwanaga2012 […]